日誌

診断士の業務日誌というか雑感的な何か

一次試験の受験注意点

どうも、kookystepです。

今日は診断士試験2日目。1日目の疲れが残る中、また違った緊張感がありますが、なんとか最後まで粘り強くあきらめずに、合格を目指してください!

遅れましたが、本試験時に私が注意していた事、物を記します。

だらだら書いてますが、要は自分の普段の実力を出すために、リスク排除を心がけただけです。

<注意していた事>

①試験会場まで無事に到着すること。

天候などに注意。夏期の試験ということで、最近はゲリラ豪雨の可能性があります。また昨日は愛知のほうで地震がありましたね。はこれらによる公共の交通機関の遅延の可能性が決して小さくありません。試験会場までは余裕をもって入ることを心がけました。私は2年目の科目受験の時も、1限目の時間には控室に入るようにしました。これにより気持ちに余裕が出来ました。

②予想外のことを起し得るんだ、という自覚。

年一回の本試験。緊張するなというほうが無理というもの。特に私は緊張しいなので…。

こういう時は予想外のことが起こしえます。ちなみに私は財布を落としかけました。見ず知らずの受験生の方に教えてもらい、難を逃れましたが…。

前日に持って行くものチェック。特に受験票!筆記用具は必ず二組!受験票を忘れると手続きが煩雑なだけでなく、受験前の精神状態が乱れます。

フールプルーフの精神でいたことで、通常通りの精神状態で試験を受けることが出来ました。

<持って行ってよかったもの>

・水ペット500ミリ2本。試験会場で売り切れている可能性あり。大好きな珈琲はトイレが近くなるのでNG。

・お昼ご飯。基本カロリーメイト2本。足りない用にチョコレート。おにぎり。私の最大の敵は食後の眠気。一食抜いても倒れはしません。午後科目のエネルギー補給程度としました。

・保冷剤。私が受験した福岡は最寄りの駅から徒歩15分!体力の消耗を防ぐため、タオルにくるんだ保冷剤を頸に巻いていきました。効果あり。

・パーカー。試験会場は思ったより冷房が効いている場合があります。個人差がありますが、夏に寒くて集中できなかったとかシャレになりません。私はアウトドア用のたためるパーカーを持っていき、科目ごとに脱着してました。ブランケットでもいいかもしれませんね。効果大。

・タイマー。私は勉強の時もカウントダウン式のタイマーを愛用してましたので本試験時もデスク上に出していました。もちろん音は出さない設定で。

・定規。試験問題表紙を破るため。表紙裏を計算用紙として使っていたので。

フリスク。眠け対策用。食べても私は企業経営で二年連続寝落ちしましたが(泣)

・タオル。汗対策だけでなく、ペット飲み物をこぼした時に。

<もっていけばよかったもの>

・扇子。あおげれば何でもいいですが、持ってる人がスマートに見えたので(笑)

・クッション。試験場の椅子の座面は大体固いです。クッション持参の方もちらほら。大学の講義室の場合は、机と椅子の感覚が狭い場合がありますが、こればっかりは運でしょうか…。

<もっていかなければよかったもの>

・テキスト類。これは意見が分かれるか。私はすべて持って行きましたが、とてもとても重かったうえに、あまり見なかったので。

ちなみに私の一次試験経歴を。

一年目は、財務で足切り。経済・運営・法務科目合格。

二年目は、財務・企業経営・情報・中小の合計で6割ジャストでなんとか通過。

ご参考になるかどうか。

それでは、皆さん、頑張ってください!どうかあきらめずに最後まで!!

また長くなってしまいました。

今日はこの辺で。